日信角形両面の世代による違い

画像
みつごんさんに言われて初めて気がつきましたが、
日信角形両面250mmφは、蓋の大きさが
世代によって変わっています。

上が昭和43年頃の濃色レンズ、
中が昭和47頃の「交通信号灯」銘板の物、
下がそれ以降の時代の物です。

新しい物は蓋が大きく、その分目がちょっと離れています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック