小田原川橋梁

岐阜県関ヶ原町、東海道線をくぐる水路にあるねじりまんぽです。

画像

こちらは海側。
画像

藪に阻まれて見えにくいですが、斜めに積まれた煉瓦が見えます。

そしてこちらは山側。
画像

坑門はコンクリートに変えられていますが、
こちらからの方が内部をよく見ることが出来ます。
画像


この拱渠、土木学会の「土木遺産2800選」に記載されていますが、
「上り線」とあったので今須トンネルの付近を探していました。
確かに、上り線を斜めにくぐるトンネルはありましたが、コンクリ製でした。

何故かな~と思っていたら、思いっきり勘違いでした(汗

ここで言う上り線は、大垣~関ヶ原を山側に回避して通る下り線に対しての
上り線という意味で、電車は上りも下りも通るところだったのですね…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック