門ノ前橋梁

茨木市にあるねじりまんぽ。東海道本線の摂津富田~茨城間。
交差するのが一般道であるため、斜め煉瓦がよく観察できます。
画像

このあたりの煉瓦拱渠は、山側がコンクリート化されているのですが、
ここは山側が鉄橋になっていて、このねじりまんぽは
明治期の建設当時の原形を良くとどめているそうです。

というわけでこちらは海側。
画像

画像


こちらは山側。
画像


アーチと側壁の間には、鋸歯状の石が挟まっています。
画像


ちなみに、側壁は鉛直ではなく、少し下に向かって広がるようになっていました。
画像


当初高槻市だと思って色々と探した結果、茨木市でした(汗

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック