平松橋梁

JR東海道本線・西ノ宮~芦屋間にて。
画像

画像

明治7年の開業当時の煉瓦の拱渠らしいのですが、
表面は煉瓦模様のシートで覆われてしまっています。
画像

何カ所かでシートが剥がれていて、当時の煉瓦が見える場所がありました。
画像


なお、この拱渠は、谷崎潤一郎の小説『細雪』に登場するものなのだそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック