相木川橋梁

小海駅近くの、小海線の橋梁です。
画像

橋脚・橋台は石造りとなっていて、
かなりずっしりとしたイメージです。
画像

画像


プレートガータには「大正三年」と、書いてあるような…気がします。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月05日 22:24
私から見たイメージですと、石積みよりも煉瓦積みのほうが気がしますが、こちらは大正時代?のものなので結構古いですね。
今小海線で走っている気動車とはまだ合う様な気がしますが、将来ハイブリッド列車が来るとなるとちょっと・・・ですね(^^;;
2007年04月06日 00:58
ごだいこさん、どうもです~

この世代の橋脚だと、石積みがやはり多いですね。
煉瓦はもうちょっと古い時代によく見られるようです。この橋脚よりももっと細かいマス目になりますね。

あと、確かにこの雰囲気だとSLとかがもっと似合いそうですね…派手な列車はちょっと…
小海駅の中にこの橋梁を走る列車の写真も幾つか飾ってありました。

この記事へのトラックバック