福生周辺の角形

日曜日に、福生に出かけてみました。
まだこの辺りは、角形の灯器が結構残っているようです。

まずはこれ。
画像

画像

珍しい、六角ゼブラ付きの灯器です。
もうほとんど見られないのではないかと思います。

次は、古めの小糸の灯器。
画像

よく見ると、銘板が小糸製作所となっていました。このタイプは数カ所ありましたが、
今ではとてもレアです。
画像

庇を見ると、後期の三点止めタイプなのですが、
さらによく見てみると、全周型の金具がついていた跡が見られます。
どうやら庇は取り替えられたもののようです。
画像

黄色灯器もレンズが交換されていました。灯器自体、そもそも移設ではないかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

テイル
2008年03月26日 09:20
私も2週間ぐらい前にこの交差点を見に行ったのですが庇が三点止めなので小糸工業だと思ったのですが・・・
よく見たら裏蓋の金具が丸型ですね。
全然気が付きませんでした。

六角ゼブラはですがここ以外にも府中市や足立区でも目撃しています。あんまりないですね・・・
2008年03月27日 00:47
テイルさん、どうもです~

私もここは一度は通っているはずなのですが…
今回初めて気がつきました。

ちなみに、丸形の金具は「小糸工業」のものにもあります。田園調布のヤツとかがそうですね。

この記事へのトラックバック