皇后崎のナゾのねじりまんぽ

昨年あたりから、局所的に話題になっているものです。
旧西鉄北九州線、皇后崎駅のあったあたりに、確かにそれは存在します。
画像

事前の情報を基に行ってみると、確かにそこには煉瓦アーチが。
画像

そしてよく見ると、確かにアーチは斜めにかかっていて、
画像

中身はちゃんとねじれています。
画像

なんだかねじれ方がすごく適当にも見えますが…

反対側から望遠で見ると…
画像

一応アーチが見えなくもないですが、だからといって何かわかるわけでもなかったり。

これが謎と呼ばれるゆえんは、その位置です。
画像

近くにあった地図上で、ちょうど「皇后崎電停」と書かれているところがそうなのですが、
確かに鉄道に挟まれるような形になっており、わざわざここに煉瓦アーチを架橋する理由が不明なのです。

煉瓦を用いている一つの理由は、川が近いことでしょうか?
そういえば、古い水門等には煉瓦アーチが多いですね。富士川で見かけた煉瓦アーチのようなものかと。

まぁ、それだけでは何でねじれているかは全然わかりませんが。

もう一つ、気になったのは、上記地図上で見たときにその先にあるものが何かというと、この建物。
画像

この形状、かなり古い変電所ではないかと思います。ちなみにいまでも使われているようです。

この変電所の電気を使うのは、やはり鉄道であると思われるので、
そうすると鹿児島本線とこの変電所をつなぐのがこの煉瓦アーチになることになるのですが…
やっぱり何でねじったんだろう??
何ともわからないままですね。

ちなみに、この場所、最初は立ち入り禁止の部分にあっていけないと思っていましたが、
行ってみるとぎりぎり柵の外側になっていて、一応、立ち入り禁止の看板はなく、
近づいてよいものであったと思います。
ただ、立ち入り禁止部分も現在道路の拡張のための工事なので、
画像

しばらくするともっと見やすい事になるかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック