第二七二号橋梁(関西本線)

入り口のみがねじりまんぽになっていると言われている拱渠の第二七二号橋梁、
本日、ちょうどこの辺りを通れる機会があったので、
宮様より頂いた情報に基づいて見てみることにしました。
画像

画像

確かに、アーチのようなものが見え、272号とチョークで書いてあります。
画像

この角度ならばねじれていても不思議ではないはずですが、
ねじれ煉瓦はここからでは全く分かりません。

反対側があるはずなのですが…
この古い水路に通じているか、
画像

線路脇の窪みに出ているか、
画像

どちらかのような気がしますが分かりませんでした。

"第二七二号橋梁(関西本線)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。