小金井駅に謎のレール

宇都宮線、小金井駅にて、
ふと、線路を覗くと、なんだか短いレールが。

画像


そして近くに、レールの継ぎ目が三つもある場所が。

画像


どうやら、真ん中の継ぎ目のためにわざわざ二つの継ぎ目を増やして交換したようで、
真ん中だけ新しいものでした。

画像


また、反対側のホームに目を向けてみると、

画像


やはり同じように短いレールが。
ただしこちらはまだ交換前のようで、

画像


今から工事すると思われる部分のバラストと枕木に、工事をしたような跡がありました。

ちなみに新しい方のレールには銘板がついていました。

画像


ここの部分だけ、別途加工品なのですね…


ちなみに調べてみると、この部分は「接着絶縁レール」と呼ばれるもののようで、ロングレールで、軌道回路を絶縁するために使用するようです。最初の3つの継ぎ目のうち、前後二つは仮のもので、あとで溶接されるのでしょうねぇ…

…と言うことは、小金井駅の2番線・4番線もロングレール化されるのかな?

"小金井駅に謎のレール" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。