テーマ:北九州

上葛原から見えた電線

昨日の続きで、散歩の途中、高圧電線が見えましたが… ちょっと気になることが。 ※写真は北に向かって左→右の順番です。 若干変わった形の鉄塔が建っている(真ん中あたり)なーと思ったのですが、 両側部分が普通の鉄塔だったので、このあたりだけ背を低くしているようです。 飛行機の関係かな?よくわかりませんが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう!平和歩道橋

小倉の平和通り、 小文字通りとの交差点に歩道橋があるのですが、 現在撤去工事中です。 「バリアフリー」を目的として横断歩道にするのだとか。 いくつかの信号機は、新しいアームに移設されていました。 歩道橋には信号が付いていた跡が… それと、新しい信号機も設置されていました。 こちらはまだ動いていません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そこには福岡県道265号が通っている。

ふと、地図を見て気になったので。 場所は足立インターの近く。 この道が県道なのではなく、この道を信号機のところで横切っているのが県道らしいです。 その横切っている方を見てみると… なんだか妙に細いですね(汗 反対側も… こんな感じです。 なお、この部分に県道の標識は見当たりませんでした… そして進んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お正月の小倉いろいろ

年末年始は小倉に帰省していたわけですが、 そのときに見たいろいろです。 まずは小倉駅前。 イルミネーションに飾られていました。 が、例年余り変わらない気がしますね… そういえば今年は紫川の方とかは見ていませんでした。 こちらは魚町銀天街のところの交差点。 屋根ができてからずいぶん経つ気がしますが、 わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここで太鼓を叩いてはいけません

そんな立て看板のあった、小倉祇園太鼓。 やはり大きなおまつりなのでいろいろとルールがあるようです。 自分が山車を引っ張っていたころはまだ小さかったのでよく分かりませんでしたが… 他にもこのようなものも。 普通こういったモノは駐車禁止とか、進入禁止だったりするので、 ちょっと意外に感じました。 立て看板と言えば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉工場のナゾの車両

祇園例大祭の日、時間が余ったので日豊本線に乗っていると、 隣の小倉工場にナゾの車両が。 どこかで見たことがある気はしていたのですが、調べてみると「フリーゲージトレイン」のようですね。 これ、今後どうするのかなぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八坂神社祇園例大祭・御神幸祭の続きの続きの続き

御旅所に到着した行列。 最後にここで御旅所祭が行われました。 と、その前に鳳輦?を御旅所に据え付けるのに一苦労。 みんなで一斉にテントを持ち上げて何とか入れることが出来ました。 そのあとは神事です。その中で獅子舞や榊舞などが行われていました。 山車を引っ張ってきた人たちはずーっと休憩しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八坂神社祇園例大祭・御神幸祭の続きの続き

前回の続きです。 神社を出発した行列は、リバーウォークとお堀の間を進んでゆきます。 しばらく進んだあと、西小倉駅前の道で右折、そのまま駅方向に向かいます。 駅までは行かずに旧長崎街道を、先ほどとは逆方向に向かいます。 そして常盤橋のところで一旦休憩。 休憩で止まっているときには太鼓も激しく叩かれていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八坂神社祇園例大祭・御神幸祭の続き

神事が終わったあと、いよいよ行列が動き出します。 まずは、お城に近い方の鳥居を通って出発です まずは先導にホラ貝、猿田彦。 ホラ貝は珍しい気もしますね… 次は神楽舞台を引っ張る車。 舞台の上では舞が行われていました。 そして鳳輦というかなんというか… 改造車に乗っかった神様です。 その後ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫川上空に鷹らしき鳥が飛んでいた

祇園太鼓で賑わう、小倉の中心街。 太鼓を撮影している最中、上空を見ると、鳩でもなく烏でもなく雀でもない、比較的大きな鳥が悠々と飛んでいるのを確認しました。 写真右上部分に何か居るのがわかるでしょうか? ズームして撮影したものはこちら。 見た感じは鷹なのですが、無知な自分はよくわかりません… 一匹だけでなく、数匹…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小倉祇園太鼓・太鼓広場

本日、小倉の中心街にて。 午後5時半前に山車がたくさん集まってきていました。 そして時間前になったときに、本部の台車が登場します。 5時半になると、花火の音を合図にして、合わせて太鼓をたたきます。 この時は山車は動かさずにその場で叩いています。 ものすごい音になって、会話も聞き取りにくい感じでした。 そしてそのま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉祇園太鼓競演大会

本日、小倉城大手門前の特設会場にて。 観覧席もあるのですが、暑そうだな~と、もたもたしているうちに、 自由席は埋まってしまいました(悲 確かに始まる前までは日差しもあり相当暑かったのですが、次第に曇ってきてそうでもなくなっていましたが… とりあえず、報道用カメラの台の隣あたりから何とか眺めることにしてみました。 まず最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八坂神社祇園例大祭・御神幸祭

昨日、小倉の八坂神社にて。 午前9時頃に神社に着くと、境内には神幸行列に並ぶものが置いてありました。 そのほかは人も少ない状況です。 この後、拝殿内では神事が始まりましたが、平行して山車の組み立ても行われていました。 拝殿内では神事がゆっくりと進み、50分ほどたったときに舞が行われていました。 このあたりはよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊西駅

筑豊電鉄の駅です。 黒崎駅から二つ目、歩いても何とかこれる距離ではあります。 軌道線なのでホームは低いです。隣の道路より低かったりします… よく見ると、電柱にやたらと古い広告が… 以前は、ここが西鉄と筑鉄の分岐点でした。 もう線路は全然残っていませんが、少し歩いてゆくと、「財産分界点」なる表示が立っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若松駅

筑豊本線の一番端の駅です。 駅はターミナル形式なっています。 ちなみに、駅前にこんなものが。 「セム1石炭車」だそうです。 機関車などは多いですが、貨車が飾ってあるのは珍しいのでは… その機関車ですが、駅前広場には蒸気機関車がありました。 こちらは9600型。 かな~りぼろぼろになってしまっていますが… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折尾駅いろいろ

古い時代のおもかげが随所に残る、折尾駅。 立て替えにおいて一部の保存は決まったようですが、無くならないうちに、お盆の帰省のタイミングでいろいろと見てきました。 ここ3番ホーム。 木製の屋根と壁が続きます。 こちらは階段。 手すりが真鍮だったりします。 階段の窓枠もずいぶん古そうです。窓の形も場所によって違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南小倉駅そばの踏切

南小倉駅のすぐそばに、ちょっと変わった踏切があります。 通常、車道と歩道がある場合には歩道は両脇にあるのですが、 ここでは真ん中に歩道があります。 さらに大きな方の道路に行く方向は、なぜか長い距離にわたってガードレールがあり、合流点は結構先の方になっています… 以前はもう少し違う構造だったような?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南小倉駅

日豊本線の駅です。 小倉駅から二つ目であり、住宅街のまんなかにあります。 そのため、駅を使う人も多いです。すぐ隣には駐輪場もあります。 駅は1面2線で、カーブにあるため電車が傾いて通ります。 特急は通過するので注意が必要です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小森江駅

鹿児島本線の駅です。比較的新しい駅ですね。 2面2線の駅です。 駅には構内踏切があります。 近くは住宅街で、利用する人も多いです。 実は福岡に向かう快速も止まったりします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関門鉄道トンネル上り線立坑

小森江駅の駅前にまわっていくと、その駅前駐車場のところに、また奇妙なコンクリートの塊が。 何かの秘密基地でしょうか… といってもタイトルで丸わかりですが(笑 この立坑は、駅前の地図にも案内が書いてあります。 見えにくいですが… ちなみに裏に回り込むと、こちらも換気口のようなものがあったと思います。 下り線立坑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関門鉄道トンネル下り線立坑

門司港方面からバスに乗り、せっかくなので小森江駅から電車に乗ろうとしたところ、 駅の近くに、不思議なかまぼこ形をしたコンクリートの塊があります。 話によると、これが、関門鉄道トンネルの斜坑下り線立坑なのだそうで。 駐車場の中に、どでん、とある姿はとても不思議な感じです。 片方には入り口と換気口らしきものも見えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関門海峡めかり駅の、その先の先

潮風号の車庫があるところから、さらに先に線路が延びています。 もっとも、ここの部分は赤錆びていて、休止になっていますが。 線路は、古い倉庫に沿って敷かれています。 上の画像では、塀の向こう側あたりです。 しばらく歩いてゆくと、踏切があります。 こちらは黒いビニールがかぶっており、休止中になっています。 この踏切か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関門海峡めかり駅の、その先

やまぎんレトロラインの終点、関門海峡めかり駅。しかしその先にもまだ線路は続いています。 草に覆われていますが、線路には何か通った跡が見られます。 途中踏切がありますが、警報機も作動状態になっていました。 そしてしばらく行ったところに、白くて新しい車庫が。 実はこれが、潮風号の車庫なのだそうです。 朝晩の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄枕木

潮風号の走る、平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線ですが、線路をよく見てみると… 一部で鉄枕木が使用されています。 日本では割と珍しいはずです、確か。 JR貨物が所々で採用しているのだとか。 そのほか、レトロ観光線が開業するにあたり、踏切関係も一部補修されているようです。 通行止めのポールが立っていたり、 閃光灯が全方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和布刈トンネル(修復後)

平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線のために修復された、和布刈トンネルです。 以前の様子と比べてみると、南側の入り口部分が補強されていました。 工事中の様子はこちら。 トンネル入り口の踏切も復活しています。 そしてこちらは北の方の入り口。 全然見えないところにあると思っていたのですが、プールの裏側が別に立ち入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潮風号

門司港を走る、潮風号です。休止になっていた貨物線を走ります。 門司港駅の隣から出発して踏切を渡り、 和刈布トンネルもくぐります。 プールの隣あたりに終着駅があります。 乗ると風が気持ちよく、まさに潮風号、といった感じでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧九州鉄道本社

門司港にある、古い煉瓦造りの建物です。 壁面が珍しいフランス積みになっています。 そのほかにもいろいろな装飾が。 現在は九州鉄道記念館として使用されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金比羅山(北九州)

北九州市戸畑区にある、金比羅山です。 頂上に神社があります。 ここの山の面白いところは、道路がとぐろを巻くように頂上に向かっているところです。 この道路は自動車などは入れないようになっています。代わりに、ジョギング・ウォーキングを行っている人を多数見かけました。 頂上は樹木が周りを囲んでいるため、展望はそれほど良くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皿倉山スロープカー

夏に点検中だったため乗れなかった皿倉山のスロープカーですが、 本日ようやく乗ることができました。 なかなか凄いところを通っています。 スロープカーから眺める車窓もなかなかです。 中にはスイッチがあり、これで操作ができるようです。 通常は使用しないようですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後尾はここですっ

コレは何の最後尾かというと…、 関門海峡の海峡花火の日の小倉駅の改札入場待ちの最後尾です。改札前の広場を横切り、モノレールの下の通路を通って左に曲がって南口階段近くまで伸びていました。 ちなみに、海峡花火はみてません(汗 と言うわけで、当日のお昼間の門司港側の様子でも。 時刻的には、午後2時半頃ですが、既に屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more