テーマ:トンネル

2月9日、100円バスと記念ツアー

宇都宮を走る、東野交通のバス、 100周年記念で一部区間が100円で運行されていました。 せっかくなので乗車。まぁ、いつもと何ら変わらないのですが(汗 なお、その100周年の記念でバスツアーが用意されており、大田原のトンネルとかが見られるそうで。 中も見られるのかな?ちと気になります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧須花隧道:大正トンネル

須花トンネル、今度は右側です。 少しあれた道を進んで行くとこれがあります。 今度はがっちりと封鎖されたトンネル。落書きが痛々しいです… 脇には石造りの水路が。 なかなか立派ですね。 次に現トンネルを通って足利側へ。 こちらは、現トンネルのすぐ近くに入口が見えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧須花隧道:明治トンネル

一度見てみたかった物件?です。佐野市と足利市の境にあります。 だいぶ遠かったですが、なんとか田沼駅から自転車にて到着… 正面に見えるのが現在のトンネル。ここを左に向かいます。 明治トンネルへの道は、ちょっとした公園のように整備されていました。 そして到着した、明治トンネル。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折尾隧道はなくなっていた。

以前通ったことがある、折尾隧道。 綺麗になくなっていました… 撤去した部分だけ、真新しいコンクリートであるので、どこにあったかは何となく分かりますね。 入り口部分のかつての石垣のあとが、ココにトンネルがあったことの証でしょうか。 …と思っていたのですが、前の写真を見直してみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6号トンネルが通れるようになっていた。

横川からめがね橋(第3橋梁)まで、旧線跡を利用したアプトの道。 橋の先の第6号トンネルからは通れなかったのですが… 整備が完了し、通れるようになっていました。 何でも今年四月に完成し、この先の熊ノ平まで行けるようになっているのだとか。 社員旅行の途中であったため、見るだけだったのですが、また行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かのトンネルの跡

またもや越前大野から勝山に向かう途中、バスから塞がれたトンネルの跡が見えました。 新下荒井トンネルというらしく、かつて勝山から大野まで線路が延びていたときの跡なのだそうで。 この廃線跡に関しては色々残っているらしく、機会があれば見てみたい気もします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒ヶ滝トンネル

二瀬ダムの脇にある国道のトンネルがあります。 とっても狭いです^^ そのため交互通行になっています。 ちなみにこちらは秩父側。 反対側は、 幅広ですが、拡張された感じですね。ちょっと行くとすぐ狭くなるようです。 さらにこのトンネル、途中で分岐があり、 もう一つの出口は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤岩トンネル

三峯神社に向かう県道の途中にあるトンネルです。 コンクリート造りの装飾もないトンネルですが、トンネル名の扁額ははまっていました。 前後は結構急カーブになっています。 バスが通るときも結構大変そうでした… そのカーブのカーブミラーのところに、朽ちる前の「警笛ならせ」があるのですが、 誰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水山トンネル

近江鉄道の、日野~水口松尾間にあるトンネルです。 アーチ部が煉瓦、下の方は石積みになっていました。 坑門はかなり立派な煉瓦造り+楯状迫石。 ちなみに明治33年の完成なのだそうで。 そしてこの付近は制限速度がきつくなっていました。 …しかし細い架線柱だなぁ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防賀川トンネル

片町線が天井川をくぐるところにあるトンネルです。 すぐ南にある、同志社前駅からよく見えます。 次の電車まで少し時間があったので近くまで行ってみることに。 隣の踏切からはもっとよく観察できます。 立派な煉瓦坑門です^^飾りも多いですね。 そんな防賀川ですが、実は天井川の切り下げ工事が行われています。 このト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猿神鼻岩洞門

深浦駅から少し歩いたところにある小さなトンネルです。 猿神鼻岩と言う、大きな岩にかつて素掘りだったと思われるトンネルが三つ連なっています。 トンネル脇には解説板も立っています。 まずは一番北側の北口。 その南側出口。 がっちりと固められています。 二つ目の北口は撮っていなかったようで(汗 二つ目の南口です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日田彦山線のトンネルいろいろ

日田彦山線には多くのトンネルがありますが、出来た時期により色々と違いがあります。 金辺トンネルを抜け、採銅所駅の次にあるのが、採銅所トンネル。 この辺りは複線断面になっています。 そして田川を過ぎ、西添田の手前にある真木トンネルは、 単線の断面になっていますが、 ここも立派な煉瓦トンネルです。 さらに進んで添田を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金辺トンネル

日田彦山線にあるトンネルです。 複線断面の煉瓦トンネルになっています。 すぐ小倉側には煉瓦のアーチが見えます。やはり複線断面です。 しかし、小倉方向と日田方向で、トンネルの形が異なります。 まっすぐなトンネルなので、こちらからも小倉側が見通せます。 形が変化しているところがどうなっているか気になります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通れるようになっていた、高島山隧道

東横線の旧高島山隧道、 整備完了して通れるようになっていました。 こちらは渋谷方、 そしてこちらは横浜方。 結構多くの人が通過していたように思います。やっぱり便利なのかな? なお内部および坑門は補強のためにコンクリートが巻かれ、 東横線時代の面影はほとんど無いです… 横浜方にある囲いがそのままののでそれくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成宗電気軌道第一トンネル

前回の続きです。 第二トンネルを抜けた先、第一トンネルがあります。 こちらの方が短いトンネルですが、 やはり同じように総煉瓦の坑門です。 こちらは成田駅側で、右側にだけ柱があります。 左側は改修されて撤去されたようで、跡だけが残っています。 右側には、トンネルの説明が建っていました。 そしてトンネル本体の方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成宗電気軌道第二トンネル

成田市、成田駅から新勝寺に続く「電車道」にある、煉瓦トンネルです。 かつての軌道跡にあるトンネルで今は道路なので、普通に歩いて通行できます。 京成成田駅から、築堤を渡ったところにあるのが、第二トンネル。 成田駅側の坑門は、コンクリートで補修されていますが、 その両側には、立派な煉瓦柱が建っています。 新勝寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高島山隧道、絶賛補修中

前から通れなかった、高島山隧道、 本日横浜に行く機会があったので、どうなっているか見に行ってみました。 まだ通れなかったのですが、補修工事が進んでいました。 歩道には工事車両用の道が通されています。 そしてそこに説明書きがあり、 その記述によると、 「反町側の坑門に亀裂が見つかったため、補修しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小仁熊トンネル跡

篠ノ井線旧線にあるトンネル跡です。 国道403号から見ることが出来ます。 前回、旧道で近くまで行ってお行きながら見逃した坑門の反対側です。 がっちりと封鎖されていました。 煉瓦のアーチが見える立派な坑門なのですが… よく見ると、要石があり、それも煉瓦で出来ています。 確か結構珍しかったような。 ちなみに、ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滝上第1トンネル・滝上第2トンネル

国道403号線にある、新しいトンネルです。 まずは第1トンネル。 長さは400メートルほど。歩くとちょっとあります。 内部はツルツルのコンクリート壁面が続いていました。 トンネル内はずっと登りが続いています。出てもまだ登りで、 すぐ先に第2トンネルが見えます。 振り返って反対側の坑門を撮影。 いかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢越隧道

国道403号線にあるトンネルです。 長野県東筑摩郡筑北村と安曇野市の境にあり、ちょうどこのトンネルが峠になっています。 こちらは、筑北村側の坑門。 扁額には「矢越隧道」と「縣道松本埴生線」の文字が掲げられていました。 コンクリート製の若干狭いトンネルで、内部はいろいろと補修されています。 特に上部は細かい金網と粗い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三五山トンネル

篠ノ井線旧線、もっとも松本よりにあるトンネルです。 入口には扉がありますが、昼間の時間だけ解放されています。 こちらは長野側の坑門。 コンクリートで覆われています。 中はやはり煉瓦積み。しかしかなり補修されたり、ぼろぼろの様子です。 トンネルが曲がっていることもあり、中は真っ暗なのですが、 中に入ろうとすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧第二白坂トンネル

篠ノ井線旧線にある、封鎖されたトンネルです。 入口は鉄板で封をされています。その前には「立入禁止」の看板も。 トンネルはコンクリート製かとも思いましたが、 剥がれたコンクリートの裏には煉瓦が見えています。 それ以外にもトンネルが現役だった頃の名残があちこちに。 ちなみにこのトンネルが旧線での峠越えになってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漆久保トンネル

先日、駅のポスターに釣られて旧国鉄篠ノ井線を歩きに行ってきました。 というわけで、まずは漆久保トンネルから。 こちら側は長野側の出口。 立派な煉瓦の坑門です。 保存状態もかなり良い方ですね。 とはいえ、さすがにいくつか煉瓦が崩れている部分もありますが… 当然内部も総煉瓦。 照明などはない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東横フラワー緑道その後

この前、高島山隧道が通れなかった、東横フラワー緑道、 先週末に寄ってみたところ、実はまだ通れません(悲 反対側にまわってみると、反町駅の上側あたりの道は通れるようになっています。 しかし、トンネルのところはまだフェンスでふさがれています。 ただそこに張られている注意書きは、以前は「調査中」だったものが「準備中」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿佐海岸鉄道の路線

海部駅から阿佐海岸鉄道に乗って、甲浦を目指します。 途中は高架とトンネルが続きます。 かなり線形の良い路線が続いています。 結構飛ばしていた感じですが、スピード感はそれほどなかったような。 奥浦トンネル、第1~第10那佐トンネル、第1・第2久保トンネル・第1~第3宍喰トンネルを抜けると ようやく宍喰駅に到着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海部駅近くのトンネル…ですよね?

牟岐線の終点、海部駅。 #誰だよ、「総理大臣」って落書きしたのは…気持ちは分かるけど。 そのすぐ手前に、不思議な構造物があります。 トンネルですね、一応。 なんでも、出来た当初はちゃんとしたトンネルであったのが、周辺の開発によって山が切り崩され、 このような姿になったのだとか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折尾高架橋・2010夏

毎年この時期にチェックしている、折尾高架橋。 去年の様子から、あまり変化していないようでしたが、 よく見ると、アーチ下を通っていた電線がなくなっています。 最終的に残るのかはわかりませんが…だんだんと最初の姿に戻りつつあるようです。 また、線路を渡った反対側にある、3連のアーチですが、こちらは以前、6連だったんだそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天城山隧道

伊豆にある、総石造りのトンネルです。国道414号線の旧道にあります。 現在は国の重要文化財となっています。 一度は行ってみたかったのですが、ようやく行くことができました。 トンネルの北側に、説明の碑があります。 なんでも道路トンネルとして文化財の指定を受けたのは、このトンネルが初めてだということです。 トイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢井隧道

藤野駅近くにあるトンネルです。 結構長そうだったので、反対側まで抜けては居ませんが… 中は幅がころころと変わるようで、結構変なトンネルです。 そして手前にはがっちりとガードが付いていますが、 そこにはバス停もあります。バスもこのトンネルを通るみたいですね… 反対側は卵形になっているらしいので、機会があればも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白丸トンネル旧道

白丸トンネルの隣にその旧道がありました。 旧道なのですが、なんだか綺麗に整備されています。 そして進んでゆくと… 素堀のトンネルが出現! でも何故か路面はきっちりとアスファルト舗装されています… こんなトンネルだと、路面は舗装なしでありそうな気もするのですが… トンネルには銘板も何もありません。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more