テーマ:産業遺産

金山へと続く道のトンネル

大間港から金山へと向かう道、 脇に封鎖されたトンネルが2カ所あります。 木材で封鎖されていました。 現在の道はちょうどこのトンネルの区間は迂回する感じになっています。 そしてこちらは反対側。 似たような感じです。左上と右上が欠けているのは何でだろうなぁ… ちなみに中を覗くと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐渡金山・北沢地区施設群跡

大間港をあとにし、近くの上り坂をちょっと上がると… 見えてきました、佐渡金山の北沢地区施設群! どんな物かは知らなかったのですが、とにかく大きいです。 写真で見てみるよりも、遙かに巨大で圧倒的な感じでした。 このあたりは既にかなり整備されているようで、あちこちに解説版が立っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐渡大間港

だいぶん時間が経っちゃいましたが(汗)GWの旅行でみたものです。 相川に到着後、大間港の方に向かってみました。 遠くから解説版のような物が立っているのを見つけたのでそちらに行ってみることに。 煉瓦の建物と、木造の小屋の間が入口のようです。解説版が並んでいました。 そしてその奥には…見事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧富岡製糸場・その手前には

富岡製糸場の向かいに、お土産や等があるのですが、 そこにおぎのやが出店しています。 行ったときはお昼ご飯どうしようか…などと考えていたのですが、 この光景を見て一瞬でお昼ご飯が峠の釜飯に決まりました。 製糸場を眺めながら食べる釜飯も乙なもんです。 やはりおいしかったですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧富岡製糸場・他と違う煉瓦積み

旧富岡製糸場の建物は、基本フランス積みの煉瓦です。 そんな中、イギリス積みの建物が。 このランプ小屋のような建物ですが、 何故これだけ違っているのかちょっと気になりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧富岡製糸場・煉瓦積み排水溝

が、あるらしいです。 だいたいこのあたりみたいなのですが… さすがに地下に埋まっているものは分かりませんね。 ちなみにこのあたりを川の反対側から眺めると… …特になんにも見当たりません(汗 もっとよく見ると何かがあったかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧富岡製糸場・避雷針

旧富岡製糸場の建物には避雷針が付けられています。 その避雷針ですが、普通のデザインのものもありますが、 それに比べて凝ったデザインのモノも。 避雷針一つでも力の入り方が違いますね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧富岡製糸場・建物の中

旧富岡製糸場、建物の中も見ることが出来ます。 こちらは、糸を紡ぐ行程の場所。 機械がずらっと並んでいます。 製糸場が出来た当時は機械でなく、人の力で行っていたそうですが…  この建物、天井が立派な木組みになっています。 これのおかげで広いスペースを確保できるとのこと。 そんな中でよく見てみると、一部木組み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧富岡製糸場

2月に行ってみたときのものです。 生憎の雨でしたが… この日は場所だけ確認して出かけてみたのですが、 どうやらボランティアの方による解説があるとのこと。 雨模様の天気で特に何もない休日にもかかわらず、結構人が集まっていました。 製糸場の中の一部を、解説を交えながら一時間ほどでまわります。 そこで見えてくる建物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more