テーマ:角形

奈川渡ダムの信号機・入山隧道の信号

奈川渡ダム関係の信号機の続きです。こちらは入山隧道の灯器です。 入山隧道はトンネル内で分岐がある珍しいトンネルですが、 国道の高山側坑門に京三(と思われる)300mmの縦二位(一位の二段重ね)があります。 灯器は赤+右矢印で、矢印は矢形です。 こちらは三位灯とは異なり、裏蓋はピラミッド形でした。銘板はないようです… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈川渡ダムの信号機・三位灯

前記事の関連です。 国道158号の途中、奈川渡ダムを渡るところがあり、そこには「梓川テプコ館」やレストハウスなどがあります。 このレストハウス付近に、情報板と角形の三位灯が付いているところがあります。 この三位灯は京三角形で300mmなのですが、珍しいことに裏蓋が関西形(三段型)になっています。 今までにこの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

古いトンネル信号

松本から上高地方向に向かう国道158号線のトンネルには、古いトンネル用信号機がついています。 説明によると、何らかの都合でトンネルの通行が制限されるときに点灯するらしいです。 当然、点灯したところはみていませんが… 灯器は京三製作所の250mm角形、 裏蓋はピラミッド形です。 銘板は「信號灯」のタイプで、製造は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎区の角形信号機

少し前に川崎駅周辺で角形信号機がまだ残っていないか見て回ってみました。 さすがは神奈川県、まだ幾つか残っていますね。 ※ちなみに神奈川県で残っているのは、基本的に京三製作所の300mm灯器です。 最初は、藤崎にあった、神奈川に特徴的な両面セットの表蓋灯器。 比較的新しいもので、世代的には、このタイプの最新タイプになってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

成木五丁目の稀少な灯器

以前、掲示板の方で、テイルさんより、レアな灯器の情報をもらいました。 まず、この交差点にあるのが京三濃色。 昭和41年製、八幡町と同じタイプで、レンズはいちごスプーンのようなもの。 また、後ろから見ると結構貫禄があります。 金具が新しいので、移設のようですね。 次に、日信の縦角形。 昭和47年製。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福生加美

福生には、今となってはとても珍しい、5灯の角形灯器があります。 あるのは、福生加美の交差点。 片面5灯の灯器が一つ。 両面に矢印が二個ついた灯器が一つ。 おまけで矢印付きの灯器がもう一つあります。 この灯器は、信号柱が新しいものになっているようですが、 その時に更新はされなかったようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福生周辺の角形

日曜日に、福生に出かけてみました。 まだこの辺りは、角形の灯器が結構残っているようです。 まずはこれ。 珍しい、六角ゼブラ付きの灯器です。 もうほとんど見られないのではないかと思います。 次は、古めの小糸の灯器。 よく見ると、銘板が小糸製作所となっていました。このタイプは数カ所ありましたが、 今ではとて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小平駅北口

…に、以前小糸の角形灯器がありました。 #今は別の灯器になっています。 両面灯器は、片方が筒庇になっていて、それが割と珍しかったようです。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

東京の矢印角形もあとわずか

土曜日に、久しぶりに大田区を中心に、 信号機を見ながら回ってみました。 環八にはまだわずかに角形が残っているようですが、それでもずいぶん減ってきています。 また蒲田周辺はまだ結構残っていました。ちょっとずつ減っては居ますが… とりあえずレアな、角形矢印がまだあるのを確認。 望遠で撮ってみたらピン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤黄赤の角形、最後の?冬

秋葉原から明神通りを上がったところに、 赤黄赤の角形の信号機があります。 幾つかのサイトで紹介されているため、信号灯器に興味のある方は、見たことがあるのではないでしょうか。 この交差点ですが、昨日時点でついに背後に新しい信号柱が立っていました。 この灯器も近々撤去・更新となることが考えられます。 このタイプ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

濃色黄色一灯点滅

東京都の西の方にある、日信の濃色レンズの一灯点滅。 matsuさんに教えて頂いた情報を基に探索しました。 おぉ!素晴らしい。 赤なら幾つかありますが、黄色の濃色はとても珍しいです。 灯器は以前緑に塗られていたようで、塗装がちょっと薄くなっています… 裏蓋は平べったいタイプで、かなり古そうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福島交通飯坂線

福島と飯坂温泉を結ぶ私鉄。道路の脇を中心に元東急の電車がことこと走ります。 何度か乗ってみたことはありますが、なかなか雰囲気はよいです。 せっかくなので幾つか写真を…それだけですが(汗 道路のすぐ隣を走るため、踏切連動信号が何カ所かあり、信号機的にも面白いところです。 一カ所だけ、赤黄赤の角形灯器が残…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青赤青

こんな所に交通信号機が。 宇都宮線東鷲宮付近、新幹線の関連施設のようですが、 角形の灯器が付いています。中古でしょうか。 灯器特徴から、日信角形の比較的新しい物のようです。 こんな感じに付いています。 反対側にも付いています。 いまだに点灯したところは見たことはありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅田天神社

山梨県は塩山市にある神社です。 駅から近いところにありますが、 訪れたときはとても静かでした… 立派な楼門もあります。 でも一番気になったのは、 鳥居の隣に建つこの古い信号機だったり(^_^;;
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎駅前の灯器・1995年

写真を整理していたら、長崎駅前の写真が出て来ました。 だいぶん古い灯器と角形が一緒に写っていました~ 使用方法は謎ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日信角形両面の世代による違い

みつごんさんに言われて初めて気がつきましたが、 日信角形両面250mmφは、蓋の大きさが 世代によって変わっています。 上が昭和43年頃の濃色レンズ、 中が昭和47頃の「交通信号灯」銘板の物、 下がそれ以降の時代の物です。 新しい物は蓋が大きく、その分目がちょっと離れています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄黄赤縦三位

YUTANさんに情報を頂いた物です。 縦型も比較的貴重ですが、 黄黄赤となるとなかなかありません。 日信の物はここだけかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京三濃色@愛知県

京三製作ファンさんからいただいた情報を元に、 見に行ってしまいました。 子供の頃に見かけた、「目つきの悪い灯器」です。 なんだか懐かしいです~ ちなみに、以前紹介した http://hidekikawa.at.webry.info/200507/article_2.html ここのものとはレンズがちょっと違うようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京三濃色

これもレアな灯器。 いや、ひょっとすると 全国でここだけかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more