テーマ:

隣の道はなくなっていた。

山間部を走る高山本線。 隣に国道360号線があるのですが、かなり大変な道のようです。 そんな中、こんなものも見えました。 …なんだか完全になくなってますね。 こちらは旧道の方なのですがまだ地図には道があるように書いてあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三峯神社からの下り道

三峯神社までバスで登った後、下りは持ってきた自転車で下りました。 この辺りはなかなか景色がよいです^^ で、景色とともに気になったものがいろいろ… まずは山道には良くある感じの標識。 ずっと下りが続いているのでエンジンブレーキも併用せよと。 途中にはヘアピンカーブもいくつかあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩曽の一本松その後

白沢街道、岩曽にあるアカマツ、 その裏側に工事のための道が延びていて、後ろもだいぶんなくなってきました。 道路予定地方向から見ると、ちょうど道路に重なってしまっているのが分かります。 調べてみると、移植が可能かどうか、樹木医の診断受けるとのニュースがありましたが、その後どうなったのかなぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風景が変わりつつある、荒川線沿線

荒川線のうちの、豊島区は池袋の近く、 どうも線路脇に道路用地が増えているようです。 資料によると「補助81号線(南池袋二~東池袋五丁目 ( 環状 5の 1~放射 8))」が建設されているのだとか。 都電では向原~鬼子母神前辺りになります。 この辺りは、都電雑司ヶ谷付近。 ここから鬼子母神前までは既にかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なにもなくなった平和歩道橋、そして発光ダイオード。

この前、柱だけ残っていた歩道橋跡、 ついになにもなくなりました。 あとは、信号機関係を新しくして(なるのかな?)歩道を整備すれば完成でしょうか。 それよりも前回気がついていなかったこととして、 新しく建ったこの照明、 よく見ると、LEDになっているようです。 夜に点灯したところを見てみたい気もします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折尾隧道

折尾駅から少し行ったところにある道路のトンネルです。 坑門はコンクリート製? アーチは円形とはちょっと違うような… 水巻側には近くに歩道橋があり、上の方から見えます。 昭和三十三年補修とありますので、もっと古いようですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道415号・県境

国道415号線の、富山県と石川県の県境です。 はっきりと県境と分かる表示があります。 看板は、石川県側と富山県側で別々に立っていて、繋がっていません。 道路にもはっきりとした境目が… 県境から羽咋方面に少し行くと、羽咋市の案内があります。 そしてそこからしばらくは、山の中を道路が通っているだけで特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道415号・峠付近

国道415号、氷見~羽咋間、 名前は分かりませんが、この交差点付近が峠のようです。 看板も、表と裏で「氷見路」「羽咋路」となっていました。 坂は確かに急でしたが、それほど険しい峠ではなかったような。 ここから羽咋側はひたすら下りになります。ただし、この付近はまだ富山県のようで。 少し下ると、「お休み処 くまなし」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道415号・峠のトンネル

氷見から羽咋へ抜ける国道415号。 途中、地図にはない「トンネル」があります。 と言っても、スノーシェルターですが… こちらは氷見側。 そしてこちらは羽咋側。 羽咋側は峠のすぐ近くです。 途中、道の分岐があります。分岐した方は短いシェルターがあるだけです。 分岐点には注意灯があり、常に点滅してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道415号線・富山県側

氷見から羽咋に向けて、自転車を使って抜けてみました。 通ったのは、国道415号線。 途中までは平らなのですが、この谷屋を抜けたあたりから坂がきつくなってきます。 チェーン着脱所や登坂車線も設置されていました。 勾配標識も多いです。 この勾配があるにもかかわらず、この周り(熊無・論田)には割と民家があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士川橋

富士川にかかる、県道の橋です。かつてはこちらが国道1号だったそうです。 橋脚は石+コンクリートで出来ているようです。 東京側のトラスが古く、大正時代のものです。 大阪方向は交通量増加に伴って幅を増やしたものなのだそうで。 また、東京側には、かつての大きな親柱が移設されています。 こちらも凄く立派です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成木街道旧道

吹上隧道に到る道が、成木街道の旧道になっています。 入り口は、新吹上トンネルのすぐ隣にありました。 通ってみると、自転車では普通に走れるものの、ずいぶんと植生に覆われていました。 標識や看板なんかもありますが、ちゃんと電気が通っているので 一応、現役の道路のようです。先にある吹上隧道も照明が付いていましたし… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割山峠

角田から亘理に抜ける途中にある峠です。自転車で抜けてみました。 ここを過ぎると、太平洋が見えてきます。 割となだらかな峠道で、交通量も結構あります。 ちなみに、この峠を境に、道路の管轄が分かるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碓氷峠を下ってみました、自転車で。

群馬県と長野県の境にある碓氷峠。 9月はじめ頃、折りたたみ自転車で軽井沢から通ってみました。 最初は軽井沢・長野県側。古い標識が幽霊のように立っています。 この道を通る車は少ないですが、これでも立派な二桁国道。 軽井沢からしばらく走るとすぐに峠になります。これは群馬県側から見た様子。 ここからはとても長い下り坂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

停止線標識

雪国では結構多いらしいこの標識。 関東地方では珍しいそうです。 栃木県は日光市の、下野大沢駅近くにありました。 このあたりは豪雪というほど雪が積もるわけではなかったと思うので、 雪国によくある設置とは違う理由が考えられます。 ここは交差点が連続しており、 停止線の位置をはっきりさせるために設置されているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車はどこを通れば…

一週間ほど前、栃木県内のあるところで撮影した標識です。 この部分は自転車と歩行者が通れるようになっていますが、 先の方を見てみると… 道の両側とも、歩行者専用。自転車はどこを通れば… この辺り、自転車+歩行者の標識と歩行者専用の標識が まだらに設置されています。どうなっているのやら(汗
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大河原の沈下橋「恋路橋」

大河原駅近くにも沈下橋があります。 その名は「恋路橋」 橋のたもとに石碑がありました。 道幅は割とありますが、橋の縁には本当に何もなく、 また川の流れも結構あるため、通行には注意が必要です。 なお、橋脚はかなり古そうで、 上流側は石積みでとんがっています。 下流側は丸かったりとんがってたりですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠置の沈下橋

笠置トンネルを大河原方面に抜けた少し先に、沈下橋がかかっています。 近くを通ったので行ってみました。 欄干のない橋ですが、橋上に子供が座っていました。 車も通っていましたが、通行は難しそうです。 この橋から、関西本線の木津川橋梁がよく見えます。 橋の手前にあるのが、この沈下橋です。 地図には「潜没橋」と書かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠置トンネル

笠置~大河原にある、国道のトンネルです。笠置から大河原に抜けるために通りました。 険しい断崖の内側を通るように掘られています。 歩道も付いていますが、結構長いです。 隣に旧道もあります。 一応通行止めになっていますが、 通ることはできそうな気はします。 でもなんだかとんでもない道のような…予感があったので、 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芝富橋

静岡県芝川町の芝川にかかる橋です。 RC開腹アーチで、並んだ柱が見事です。 う~ん、反対側から撮影できれば良かったかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道4号1車線化

宇都宮市の御幸町を通る国道4号ですが、 2車線だったのぼり方向が1車線になっていました。 右折車線を確保し、右折車に追突する事故を防ぐためらしいです。 そう言えば以前、片側ずつ車止めなどで 仕切る実験を行っていました。 →国土交通省の広報(PDF) せっかくだから歩道を広げてくれないかなぁ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

渡瀬遊水池にある橋

野木神社に行ったとき、せっかくなので新古河から渡瀬遊水池にある 道路を通っていって見ました。 両側には、背の高い葦?がずらっと… この辺り独特の景色でしょうか。 途中、橋を渡りましたが、橋には欄干がありません… 幅が広いので怖いといった感じはなかったですが。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みはし通りの舗装

二荒山神社に続くみはし通り。 ずいぶん前から工事が行われていましたが、 昨日の時点で舗装が綺麗になっていました。 ちなみにこちらは12/3時点での舗装。あとちょっとで完成の様子でした。 みはし通りは電線も地中化されましたが、 変圧器は地上に置かずに、 街路灯と一体化させているようです。 途中、信号機があるのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現役のニキシー管

最近メディアで少し取り上げられ、そんな物もあったかな~ とか思っていた「ニキシー管」。針金で出来た数字が光るアレです。 都内某所にて、このニキシー管が使用されている表示灯がありました。 (2006/11/4 撮影) 道路関係で、CO濃度と騒音を表示しているようです。 詳細は分かりませんが… COは0のまま動きませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県道の要

栃木県栃木市の万町交差点。 4方向すべて別の番号の主要県道になっていました(過去形)。 上の写真は2003年頃ですが、最近撮った写真では下のようになっています。 いつの間にか県道32号は別の所に行ってしまったのでしょうか…気になります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿背隧道

山口県萩市の旧道にある、石造りの重々しいトンネルです。 国の登録有形文化財に指定されています。 中は照明が無く、真っ暗です… しかも、両側に溝があったりします。 出口は見えるのに一歩先は見えない状態…怖いです(汗 途中落とし穴とかがあっても気がつかないに違いない(^_^;; 冷や冷やしながらようや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道25号・柘植→加太

なんだか凄いという噂を聞く国道25号。 柘植で列車を降りて加太まで自転車で下ってみました。 しばらくは上りで、そのうちにこんな表示が。 …なんだか嫌な予感(^^; このあたりから連続カーブの急な下りです。 そしてそのうちに、2桁国道とは思えない道路になってきました。 しかしちゃんとガードレールには25号と書いてあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

當目隧道

やはり大崩海岸の、もっとも焼津側のトンネルです。 こちらは石のアーチが見えます。壁柱にも模様が見えますが、これは後で付けたような… 坑門に比べ、中は荒々しいです。 ここを抜けると焼津です。 振り返ると通行止め装置が付いていました。 ちなみにこの県道416号、少し前までは国道150号だったようで、 焼津…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たけのこ岩トンネル

こちらも大崩海岸を走る県道にあるトンネルです。 新しいトンネルで、左の旧道が通行止めになっていました。 災害で通れなくなり、トンネルを掘ったように見えました。 坑門には絵が彫られています。最近のトンネルっぽいです。 中は他のトンネルよりも広く、歩いていても余り危険ではなかったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小浜隧道

大崩海岸を走る県道のトンネルです。 昭和9年製の古いトンネルで、坑門に装飾が見られますが、 モルタルの吹きつけで埋まってます… この文字は跡から取り付けた感じです…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more